iPhoneでゲーム開発

iPhoneアプリのうち多くの割合でゲームが人気です。
もともとツール系が多かったのですが、iPhoneの性能向上や開発環境が整ってきたこともあり、現在では多くのゲームが開発されるようになっています。
iPhoneでのゲーム開発には純正の開發環境を使うことが多かったのですが、現在ではサードパーティ製の開発環境を使う開発者も増えてきてます。
サードパーティ製の開発環境ではUnityやUnrealengineなどがあり、この他にもいくつかの開発環境でゲーム開發が進んでいます。UnityやUnrealEngineを利用する理由としては主に2つあるようです。

iPhone6sの価格情報の公開中です。

1つ目はiPhone以外にもアプリを出しやすいこと、もう1つはゲーム開発において開発環境が充実していることです。



iPhoneアプリはダウンロード数や課金率がとても魅力的な市場なのですが、スマートフォンの能力を考えればAndroidも魅力的です。

そのため、出来る限り両方の市場にアプリを出したいと考える会社や個人が多いようです。


しかし、純正の開発環境を使うには工数が2倍かかってしまうことからサードパーティ製の開発ツールで工数を減らすことが行なわれます。

2つ目のゲームのための開発環境については特に3Dのゲームを作る際に有効です。



UnityもUnrealengineも3D環境を開発するためにも最適化されており、モデリングデータを扱えたり、効率よくコードがかける工夫も随所に見られます。