iPhoneとipadで動くアプリ

iPhone用のアプリは基本的にipadでも動くのですが、画面サイズについてはよく検討することが必要と言われています。iPhoneとipad双方で動くようにアプリを開発するのは難しいことではありませんが、使い勝手を考慮すると単にipadでも動くからよいというわけにはいかないようです。

iPhone6sの発売日のマニアックな情報をお届けします。

iPhoneとipadの最大の違いは画面です。


iPhoneが320x480の表示を基本としているのに対してipadは768x1024が基本です。

多くのアプリはipad用に画面を作成せず、ipadが持つiPhone用の互換モードを利用することが多いです。
この場合、アプリ以外の余った表示部分は黒く塗りつぶされるか、2倍モードで表示されることになります。
これでも利用はできるのですが、アプリによってはipad専用画面を持つアプリも増えています。特にツール系のアプリについてはipad専用画面の広さを活かした画面構成となることが多いようです。ただし、Androidであるようなタブレット専用OSは存在していないので開発者の負担は少ないと言われています。OSはIOSのみとなっており、バージョン間での動作が違う場合はありますが、同じバージョンなら動作するように作られます。

iPhone6sならお任せください。

また、ipadの画面を最大限に活かすために専用アプリとしても作成でき、この場合は対応していない端末からは選択できないようにアップストアで対応されているので間違いが起きないようになっています。

iPhone6sの価格についての基礎知識と魅力をご説明しているサイトです。